学校紹介
学校長の挨拶
―「真ん中に生徒~あなたの生きる力を支えます」を目指して ―

東海大学付属熊本星翔高等学校のホームページをご覧いただきありがとうございます。

本校は東海大学の付属高校でありますが、東海大学の創設者、松前重義は熊本の出身であ ります。出身地に学校を作りたいという松前重義の強い意志により、本校は 1961 年(昭和 36 年)に学校法人東海大学の付属高校としてスタートしました。それから五十年余り、26000 人を超える卒業生を送り出し、熊本の教育を担ってまいりました。本校は冒頭に掲げました 「真ん中に生徒~あなたの生きる力を支えます」をスローガンにしています。そのために、 教職員全員が生徒一人ひとりに温かく「声をかけ」「手をかけ」「目をかけ」「心にかける」 という「四かけ運動」を実践しております。昨今、高校中退者が激増しており全国的にも問 題になっておりますが、本校ではお預かりした生徒全員の卒業を目指して、教職員が一丸と なってサポートする体制を整えております。

いま、日本では熊本地震をはじめとする天災に見舞われたり、世界的には中国とアメリカ の貿易摩擦や中東地域の紛争など、先の見えない混とんとした時代になっております。そう した時代の中でも、しっかりした考えを持ち、時代の先駆けができるような若者の育成を本 校は目指しております。今後とも凡事徹底を図り、生徒皆が安心して充実した高校生活を送 れるために頑張っていく所存であります。

校長
東海大学付属熊本星翔高等学校
校長 飯田 良輔