コラム816

初めて教師として教壇に立って、今年度が16年目です。
生徒達がまだまだ幼かった頃に、当時の高校生が知財学習で考えていた未来の発明を思い出してみました。

そこには、電子黒板や電子教科書がありました。今年度からタブレットPCを授業に取り入れ、夢物語であった当時の発想がまさに現実となっています。
技術の進歩の速さに驚きを隠せません。

この速さの進歩では、もしかしたら行きたい場所に一瞬で移動出来る不思議なドアも近い将来実現出来るかもしれません。
様々な夢を描き、その夢に向かって努力を続ける高校3年間にしてもらいたいです。
(内田 成紀)