11月のおすすめ図書です。

『黒板アート甲子園作品集 高校生たちの消えない想い』日学株式会社∥総監修
2016年度から2018年度までの最優秀賞や各賞を受賞した作品のほか、応募された作品の一部が紹介されています。熊本県の高校の作品も載っています。これを見れば、あなたも黒板アートに挑戦してみたくなるかもしれません。

『伝説のオリンピックランナー”いだてん”金栗四三』 近藤隆夫∥著
来年の大河ドラマの主人公でもある金栗四三さんの伝記です。「マラソンの父」と言われるほどすごい人物ですが、意外と知られていないような気がします。この機会にぜひ、地元の偉人の功績を知ってほしいと思います。

『食品工場の中の人たち』 各務葉月∥著
食品工場で働く人々を描いたコミックエッセイです。作者の各務さんは約6年間、いろいろな食品工場で働かれており、その実務経験をもとに描かれています。実際に働いてみないと分からない、裏話や裏事情が満載です。

西原校区春の一斉清掃

6/3(日)に西原校区春の町内一斉清掃に野球部部員が参加しました。総勢16名が参加し、学校前の共合線を中心に伸びた雑草とごみ拾いに汗を流しました。町内清掃ということで、近隣の方々と協力して取り組むことができました。
   

メンタルヘルス7月号

ちょっと前にアメリカの研究で「幸せは伝染する」という結果がありました。この研究によれば、よく顔をあわせる友人・知人への伝染がもっとも高く、また友人の友人にまで伝染があるということです。一方、身近な家族や職場の仲間への伝染は意外と低いということ。どうしてこのような結果になったのか、はっきりと答えは出されていません。
幸せになる一つのコツは、幸せな人と出会うこと、ということでしょうか。幸せな人の周りには自然に人が集まります。皆、経験的にわかっているのでしょうね。
このような「伝染」は、もちろん不幸にもあります。不幸の伝染についての研究は知りませんが、感情の伝染は以前から指摘されています。負のオーラは人を寄せ付けないといいますが、自分から近づかないようにしているのでしょうね。
幸せがほしいけど、「不幸があるから幸せがある」という表裏一体のもの。どちらか一方だけということは不可能です。ではどうすれば幸せを感じやすくなるのか・・・。また次回です。

image11

スクールカウンセラー  平松 孝志
【7月のカウンセリング】
7日(金)・14日(金)・19日(水)・21日(金)・28日(金)
13:30~17:30