12月のおすすめ図書です

『編み方のコツがひと目でわかる はじめてのかぎ針編み』 リトルバード∥編
だんだん風が冷たくなり、マフラーや手袋などが活躍する季節がやってきました。買うのもいいですが、たまには手作りしてみませんか。
この本では、初心者でも作れるように糸の種類、かぎ針の持ち方、編み図の見方などが解説してあります。冬休みを使って何か一つ、作り上げるのもいいかもしれません。
棒針編みバージョンもありますのでそちらもあわせてどうぞ。

『ロウソクの科学 改版』 マイケル・ファラデー∥著 三石巌∥訳
今年のノーベル化学賞の受賞が決まった吉野彰さんが、子供の頃に読んだとして話題となった本です。一本のロウソクをとりあげ、日常生活で出くわす現象と自然と科学の関わりが丁寧に語られています。

『最後のページをめくるまで』 水生大海∥著
読んだ後に、何だか心に引っかかる、もやもやする・・・ような作品が5編収録されています。タイトル通り、結末を見ず、我慢して前から順番に読んでいきましょう。物語の先をあれこれ想像するのが好きな人におすすめです。

12月の新着図書です

新着図書89冊を紹介します。
●『いちばんやさしいパソコン超入門一冊に凝縮』 リブロワークス∥著 SBクリエイティブ
●『読みたいのに読めない君へ,届けマルチメディアDAISY』 牧野綾∥編 日本図書館協会
●『現代用語の基礎知識2020新創刊』 自由国民社
●『新約聖書 まんがで読破』 バラエティ・アートワークス∥漫画 イースト・プレス
●『敗者が変えた世界史 上・下』  ジャン=クリストフ・ビュイッソン∥著 エマニュエル・エシュト∥著 原書房
●『写真と図解でよくわかる世界史×日本史 歴史を学べばニュースのウラが見えてくる』 かみゆ歴史編集部∥編 廣済堂出版
●『ムー認定 神秘の古代遺産』 並木伸一郎∥著 ムー編集部∥編 学研プラス
●『図説 第二次世界大戦』 太平洋戦争研究会∥著 河出書房新社
●『文藝春秋オピニオン 2020年の論点』 文藝春秋
●『ルポ トランプ王国2』 金成隆一∥著 岩波書店
●『女性のいない民主主義』 前田健太郎∥著 岩波書店
●『人権の世界地図』 AndrewFagan∥著 長島隆∥監訳 長島隆∥共訳 江崎一朗∥共訳 石田安実∥共訳 丸善出版
●『消防官になるには』 益田美樹∥著 ぺりかん社
●『行動経済学の使い方』 大竹文雄∥著 岩波書店
●『高校生就職面接の受け方答え方'21年版』 成美堂出版編集部∥編著 成美堂出版
●『ペップトーク 心に響くコミュニケーション』 岩崎由純∥著 日本ラーニングシステム∥監修 中央経済社
●『社会保障再考〈地域〉で支える』 菊池馨実∥著 岩波書店
●『高校生の就職活動オールガイド'21年版』  加藤敏明∥監修 成美堂出版
●『最低賃金生活保障の基盤』 日本弁護士連合会貧困問題対策本部∥編 岩波書店
●『ジェンダーについて大学生が真剣に考えてみた あなたがあなたらしくいられるための29問』 佐藤文香∥監修 一橋大学社会学部佐藤文香ゼミ生一同∥著 明石書店
●『真夜中の陽だまり ルポ・夜間保育園』 三宅玲子∥著 文藝春秋
●『地図から読み解く自然災害と防災〈減災〉』  酒井多加志∥著 近代消防社
●『死ぬんじゃねーぞ!!いじめられている君はゼッタイ悪くない』  中川翔子∥著 文藝春秋
●『高校生からのビジネスマナー 社会人を目指す人に役立つビジネスマナーバイブル』 実教出版編修部∥編 実教出版
●『外国語学部 中高生のための学部選びガイド』 元木裕∥著 ぺりかん社
●『栄養学部 中高生のための学部選びガイド』 佐藤成美∥著 ぺりかん社
●『タブレットPCを学習サポートに使うためのQ&A 特別支援教育サポートBOOKS』 河野俊寛∥著 明治図書出版
●『マリー・アントワネットの衣裳部屋』 内村理奈∥著 平凡社
●『妖怪空想科学読本』 柳田理科雄∥著 黒城ろこ∥イラスト PHP研究所
●『数の概念』 髙木貞治∥著 講談社
●『高次元空間を見る方法 次元が増えるとどんな不思議が起こるのか』 小笠英志∥著 講談社
●『「ファインマン物理学」を読む 量子力学と相対性理論を中心として 普及版』 竹内薫∥著 講談社
●『ロウソクの科学 改版』 マイケル・ファラデー∥著 三石巌∥訳 角川書店
●角川グループパブリッシング(発売)
●『恐竜まみれ 発掘現場は今日も命がけ』 小林快次∥著 新潮社
●『DNA鑑定 犯罪捜査から新種発見、日本人の起源まで』 梅津和夫∥著 講談社
●『生態の不思議を話したくなる!英語対訳で読む動物図鑑』 飯野宏∥監修 Gregory Patton∥英文執筆 実業之日本社
●『カラー図解 人体誕生からだはこうして造られる』 山科正平∥著 講談社
●『ゲノム操作・遺伝子組み換え食品入門 食卓の安全は守られるのか?プロブレムQ&A』 天笠啓祐∥著 緑風出版
●『ウォーキングの科学 10歳若返る、本当に効果的な歩き方』 能勢博∥著 講談社
●『地球と環境のはなし 科学の眼で見る日常の疑問』 稲場秀明∥著 技報堂出版
●『プラスチックの現実と未来へのアイデア みんなで考えたい』 高田秀重∥監修 東京書籍
●『思いを込めて作る応援ミサンガ 簡単なものからこだわりデザインまでALL131』 ブティック社
●『編み方のコツがひと目でわかる はじめてのかぎ針編み』 リトルバード∥編 成美堂出版
●『編み方のコツがひと目でわかる はじめての棒針編み』 リトルバード∥編 成美堂出版
●『話題!人気!なんだか気になるフェルトで作るゆかいな生きもの』 佐々木公子∥作 pote∥作 ブティック社
●『日本発「ロボットAI農業」の凄い未来 2020年に激変する国土・GDP・生活』 窪田新之助∥著 講談社
●『スマート農業のすすめ 次世代農業人〈スマートファーマー〉の心得』  渡邊智之∥著 産業開発機構株式会社映像情報編集部
●『売上を、減らそう。たどりついたのは業績至上主義からの解放 営業わずか3時間半・どんなに売れても100食限定・飲食店でも残業ゼロ』 中村朱美∥著 ライツ社
●『文化財返還問題を考える 負の遺産を清算するために』 五十嵐彰∥著 岩波書店
●『酒井抱一 俳諧と絵画の織りなす抒情』 井田太郎∥著 岩波書店
●『大家さんと僕これから』  矢部太郎∥著 新潮社
●『スマホで旅行写真 コツと裏ワザもっときれいに撮れる!』 庄子利男∥著 青春出版社
●『作曲の科学 美しい音楽を生み出す「理論」と「法則」』 フランソワ・デュボワ∥著 井上喜惟∥監修 木村彩∥訳 講談社
●『新・音楽とキャリア音楽を通した生き方・働き方』 久保田慶一∥著 スタイルノート
●『ストライカーを科学する サッカーは南米に学べ!』 松原良香∥著 岩波書店
●『柳田美幸の楽しい女子サッカー』 柳田美幸∥著 南雲堂
●『高校サッカー100年 JAPANHIGHSCHOOLSOCCER1918-2018』 全国高等学校体育連盟サッカー専門部∥編 講談社
●『eスポーツのすべてがわかる本 プロゲーマー、業界のしくみからお金の話まで』 黒川文雄∥著 日本実業出版社
●『ことばの結びつき辞典 ことば選び辞典』 学研プラス
●『漢字の使い分け辞典 ことば選び辞典』 学研プラス
●『美しい日本語選び辞典 ことば選び辞典』 学研プラス
●『英検準1級過去6回全問題集 2019年度版文部科学省後援[旺文社英検書]』 旺文社
●『英語の語源や単語なんて、こうやって覚えればいいんだよ!!大丈夫!!』 渡邉洋之∥テキスト・イラスト 径書房
●『「物語」の組み立て方入門5つのテンプレート』 円山夢久∥著 雷鳥社
●『「物語」の魅せ方入門9つのレシピ』  円山夢久∥著 雷鳥社
●『「物語」のつくり方入門7つのレッスン』 円山夢久∥著 雷鳥社
●『1週間でマスター小説を書くための基礎メソッド 小説のメソッド〈初級編〉』  奈良裕明∥著 編集の学校∥監修 雷鳥社
●『文豪どうかしてる逸話集』 進士素丸∥著 KADOKAWA
●『百の夜は跳ねて』 古市憲寿∥著 新潮社
●『最高のオバハン中島ハルコの恋愛相談室』 林真理子∥著 文藝春秋
●『氷獄』  海堂尊∥著 KADOKAWA
●『ブラック校則』 此元和津也∥脚本 涌井学∥著 小学館
●『最後のページをめくるまで』 水生大海∥著 双葉社
●『落日』 湊かなえ∥著 角川春樹事務所
●『恋のヒペリカムでは悲しみが続かない 上・下』 二宮敦人∥著 TOブックス
●『電信柱と妙な男 小川未明怪異小品集』 小川未明∥著 東雅夫∥編 平凡社
●『白銀の墟玄の月 第一巻 十二国記』 小野不由美∥著 新潮社
●『白銀の墟 玄の月第二巻 十二国記』 小野不由美∥著 新潮社
●『ツナグ 想い人の心得』 辻村深月∥著 新潮社
●『あやかし夫婦は今世こそ幸せになりたい。浅草鬼嫁日記』 友麻碧∥著 KADOKAWA
●『センス・オブ・シェイム 恥の感覚』 酒井順子∥著 文藝春秋
●『やわらかく、考える。』  外山滋比古∥著 PHP研究所
●『遺伝子スイッチ・オンの奇跡「ありがとう」を十万回唱えたらガンが消えました!』 工藤房美∥著 風雲舎
●『ハンガー・ゲーム3[上][下]マネシケカスの少女』 スーザン・コリンズ∥著河井直子∥訳 メディアファクトリー
●『ヴァルター・ベンヤミン 闇を歩く批評』 柿木伸之∥著 岩波書店

11月の新着図書です

新着図書62冊紹介します。
●『芥川賞ぜんぶ読む』 菊池良∥著 宝島社
●『探究活動・課題研究のために 中高生のためのブックガイド』 佐藤理絵∥監修 日外アソシエーツ紀伊國屋書店(発売)
●『NHKEテレ 世界の哲学者に人生相談スペシャルエディション』 高田純次∥著 小川仁志∥著 NHK制作班∥著 すばる舎
●『本当の「頭のよさ」ってなんだろう? 勉強と人生に役立つ、一生使えるものの考え方』 齋藤孝∥著 誠文堂新光社
●『地獄の歩き方』 田村正彦∥監修 小野崎理香∥絵 水野ぷりん∥絵 金の星社
●『明日話したくなる元号・改元』  阿部泉∥執筆・監修 清水書院
●『大御所徳川家康 幕藩体制はいかに確立したか』 三鬼清一郎∥著 中央公論新社
●『公立高校教師YouTuberが書いた一度読んだら絶対に忘れない日本史の教科書』 山﨑圭一∥著 SBクリエイティブ
●『持統天皇 壬申の乱の「真の勝者」』 瀧浪貞子∥著 中央公論新社
●『三宅雪嶺 新装版』 中野目徹∥著 日本歴史学会∥編集 吉川弘文館
●『このままだと、日本に未来はないよね。ひろゆき流時代を先読みする思考法』  ひろゆき∥著 洋泉社
●『日本一やさしい法律の教科書 これから勉強する人のための』 品川皓亮∥著 佐久間毅∥監修 日本実業出版社
●『あの頃、ボクらは少年院にいた セカンドチャンス!16人のストーリー』 セカンドチャンス!∥編 新科学出版社
●『マンガでわかるこんなに危ない!?消費増税 女子高生あさみちゃんが増税を凍結させる!?』 消費増税反対botちゃん∥著 ビジネス社
●『「本当の友達がいなくてさびしい」と思ったとき読む本』 大嶋信頼∥著 KADOKAWA
●『日本文化ビジュアル解体新書』 山本素子∥著 SBクリエイティブ
●『過労死110番 働かせ方を問い続けて30年』 森岡孝二∥著 大阪過労死問題連絡会∥著 岩波書店
●『外国人労働者受け入れを問う 新版』 宮島喬∥著 鈴木江理子∥著 岩波書店
●『わたしが障害者じゃなくなる日 難病で動けなくてもふつうに生きられる世の中のつくりかた』 海老原宏美∥著 旬報社
●『どうしたらいいかわからない君のための人生の歩きかた図鑑』  石井光太∥著 日本実業出版社
●『民間人のための戦場行動マニュアル もしも戦争に巻き込まれたらこうやって生きのびる』  川口拓∥著 S&TOUTCOMES∥著 誠文堂新光社
●『新・高校生の就職面接対策1キャリアデザインとエントリーシート、小論文と作文の書き方』 映学社∥制作 実教出版
●『新・高校生の就職面接対策2面接の基本マナー』 映学社∥制作 実教出版
●『国別世界食文化ハンドブック』 ヘレン・C・ブリティン∥著 小川昭子∥訳 海輪由香子∥訳 八坂ありさ∥訳 柊風舎
●『理科の地図帳地形・気象編 日本の地形と気象がまるごとわかる 改訂版 ビジュアルはてなマップ』 神奈川県立生命の星・地球博物館∥監修 ザ・ライトスタッフオフィス∥編 技術評論社
●『ホワット・イフ? 野球のボールを光速で投げたらどうなるか』 ランドール・マンロー∥著 吉田三知世∥訳 早川書房
●『この数学,いったいいつ使うことになるの?』 HalSaunders∥著 森園子∥訳 猪飼輝子∥訳 二宮智子∥訳 共立出版
●『統計分布を知れば世界が分かる 身長・体重から格差問題まで』 松下貢∥著 中央公論新社
●『苦手な化学を克服する魔法の本 予備校の先生がキミに贈る!』 大宮理∥著 PHP研究所
●『その道のプロに聞く生きものの持ちかた』 松橋利光∥著 大和書房
●『美しき捕食者サメ図鑑』  田中彰∥監修 実業之日本社
●『トリセツ・カラダカラダ 地図を描こう』 海堂尊∥著 ヨシタケシンスケ∥絵 宝島社
●『人体キャラクター図鑑 からだの不思議がめちゃくちゃよくわかる!』 坂井建雄∥監修 いとうみつる∥イラスト 日本図書センター
●『熊本の近代化遺産 上 熊本市・県央』 熊本産業遺産研究会∥編熊本まちなみトラスト∥編 弦書房
●『熊本の近代化遺産 下 県北・県南・天草』 熊本産業遺産研究会∥編熊本まちなみトラスト∥編 弦書房
●『世界で一番美しい宮殿』 中島智章∥監修 エクスナレッジ
●『健康食品・サプリそのネーミングにだまされてますよ』 若村育子∥著 ワニ・プラス
●ワニブックス(発売)
●『一生ついてまわる家事のキホンが身につく本 13歳からの自活術』  大人の常識研究会∥編著 大和出版
●『ヘアゴム1本でできる「まとめ髪」便利帳 アイロンいらずワックスいらずで簡単かわいい!』 HAIR∥監修 宝島社
●『自分でできる前髪カットかんたん!プロ並みのテクニック』 稲垣俊彦∥著 WAVE出版
●『世界一美味しい手抜きごはん 最速!やる気のいらない100レシピ』  はらぺこグリズリー∥著 KADOKAWA
●『現代美術史 欧米、日本、トランスナショナル』 山本浩貴∥著 中央公論新社
●『数学デッサン教室 描いて楽しむ数学』 瑞慶山香佳∥著 技術評論社
●『ONEPIECE巻九十 四兵どもが夢』 尾田栄一郎∥著 集英社
●『NSCA高校生のための体力トレーニングマニュアル写真と動画でよくわかる!』 NSCAジャパン∥編著福永哲夫∥監修 ベースボール・マガジン社
●『国境を越えたスクラムラグビー 日本代表になった外国人選手たち』 山川徹∥著 中央公論新社
●『キャンプ大事典』 松山拓也∥監修 成美堂出版
●『AIに負けない子どもを育てる』 新井紀子∥著 東洋経済新報社
●『似ている英語』 おかべたかし∥文 やまでたかし∥写真 東京書籍
●『太宰治の絶望語録』 太宰治∥著 豊岡昭彦∥編 WAVE出版
●『希望の糸』 東野圭吾∥著 講談社
●『運命の恋 恋愛小説傑作アンソロジー』 池上永一∥著 角田光代∥著 中島京子∥著 村上春樹∥著 山白朝子∥著 唯川恵∥著 瀧井朝世∥編 KADOKAWA
●『願うなら、星と花火が降る夜に』 いぬじゅん∥著 LINE
●『怪盗探偵山猫 深紅の虎』 神永学∥著 KADOKAWA
●『黄泉びと知らず』 梶尾真治∥著 新潮社
●『いけない』 道尾秀介∥著 文藝春秋
●『人間』 又吉直樹∥著 毎日新聞出版
●『後宮の烏3』 白川紺子∥著 集英社
●『現代語訳小右記9』 藤原実資∥著 倉本一宏∥編 吉川弘文館
●『ハンガー・ゲーム2[上]燃え広がる炎』 スーザン・コリンズ∥著 河井直子∥訳 メディアファクトリー
●『ハンガー・ゲーム2[下]燃え広がる炎』 スーザン・コリンズ∥著 河井直子∥訳 メディアファクトリー

11月のおすすめ図書です

『世界一美味しい手抜きごはん 最速!やる気のいらない100レシピ』
はらぺこグリズリー∥著
「料理レシピ本大賞2019」で大賞になった本です。お皿一つもしくはフライパン一つでできてしまう料理ばかり載っています。材料や調味料も基本的なものがほとんどです。これまでの簡単、手軽を売りにしたレシピ本でもハードルが高いと感じていた人も一度、読んでみてください。これならできそうと思えるレシピがあるかもしれません。

『運命の恋 恋愛小説傑作アンソロジー』 瀧井朝世∥編 池上永一∥著 他
タイトル通り、「運命の恋」をテーマに集められた恋愛小説が6編収録されています。どの話も短めなので、サラッと読めると思います。朝読書にもおすすめです。

『一生ついてまわる家事のキホンが身につく本 13歳からの自活術』
大人の常識研究会∥編著
家事なんてその気になれば、できるから大丈夫!と思っていませんか?いざ、自分で家事をやろうとすると、意外と分からないことが多いことに気づくものです。大人だってよくわからないまま自己流でやっているが多々あります。そんなことがないように今から、家事の基本を身につけていきましょう。
今から一人暮らしをする人必見です。

コラム822

2020年、東京で開催されるオリンピック・パラリンピックのプレオリンピックとして世界柔道、ワールドカップバレーの大会が盛大に日本国内で開催され、海外でも世界陸上バスケットボール等至る所で開催されています。

特にラグビーのワールドカップはアジアでは初めて日本での開催となりました。

4年に一度、いや一生に一度と噂され、世界のトップ20ヵ国が2ヶ月にわたり熱戦を繰り広げ、熊本での開催に県民の注目を浴びている。連日ニュースで報道されていますが、各国の選手たちが試合終了後、全員揃ってお辞儀(おじぎ)をするという日本ならではの風習が世界のラガーマンのブームになっているようです。休日には文化に触れ合い、大いに日本を楽しんでいるという情報もあり、日本人としては嬉しい限りです。先日、熊本でもフランス対トンガの試合が行われ、明後日は優勝候補のウエールズ対ウルグアイが行われます。他県での開催のようにスタジアムが満員になるという光景はなかったのですが、ラグビーファンにとっては最高の試合であることには違いはないようです。外国から観戦する為に多くの方が熊本に来られていますが、実際に熊本の印象は、どう感じたのか知りたいものである。12月には世界女子ハンドボール選手権大会も控えていて、同じく活気ある熊本を見てもらいたいものです。

熊本で生まれ育った私は、熊本の素晴らしい自然環境や、人のあたたかさを感じている。熊本の魅力は来てみないとわからない、見てみないとわからないが、少しでも魅力を肌で感じ祖国に帰り、土産話として伝えて頂きたいものである。

10月のおすすめ図書です。

『ごみ育 日本一楽しいごみ分別本』 滝沢秀一∥著
意外と難しいごみの分別、みなさんはちゃんと仕分けできていますか?いざという時のためにこの本を読んで、ごみの分別をマスターしておきましょう。クイズ形式で読みやすく楽しく学べます。

『読破できない難解な本がわかる本図解で読みとく世界の名著60』 富増章成∥著
『幸福論』や『国富論』や『論語』など全部で60冊の名著と言われる本の、大事なところをイラストとともに解説しています。

『インスタ映えする戦国時代』 スエヒロ∥著
戦国時代にスマートフォンがあったなら…という設定で戦国時代の出来事や人物を紹介している本です。織田信長がインフルエンサーになっていたり、毛利元就の三本の矢がLINEスタンプになっていたり、各武将がツイッターで言い合っていたりなど、日本史が苦手な人でも気軽に読める内容になっていると思います。

10月の新着図書です。

新着図書110冊を紹介します。
●『読破できない難解な本がわかる本図解で読みとく世界の名著60』 富増章成∥著 ダイヤモンド社
●『#どれだけのミスをしたかを競うミス日本コンテスト』 水餃子のカンパネラ∥編著 KADOKAWA
●『押井守の人生のツボ』 押井守∥著 渡辺麻紀∥構成・文 東京ニュース通信社
●徳間書店(発売)
●『世界の神話』 沖田瑞穂∥著 岩波書店
●『キリスト教と死 最後の審判から無名騎士の墓まで』 指昭博∥著 中央公論新社
●『奴隷船の世界史』 布留川正博∥著 岩波書店
●『太閤検地 秀吉が目指した国のかたち』 中野等∥著 中央公論新社
●『インスタ映えする戦国時代』 スエヒロ∥著 大和書房
●『日本近現代史講義 成功と失敗の歴史に学ぶ』 山内昌之∥編著 細谷雄一∥編著 中央公論新社
●『日本人の歴史認識と東京裁判』 吉田裕∥著 岩波書店
●『南の島のよくカニ食う旧石器人』 藤田祐樹∥著 岩波書店
●『早良親王 新装版 人物叢書』 西本昌弘∥著 日本歴史学会∥編集 吉川弘文館
●『織田信忠 天下人の嫡男』 和田裕弘∥著 中央公論新社
●『菅原道真 学者政治家の栄光と没落』 滝川幸司∥著 中央公論新社
●『絶対に出る世界の幽霊屋敷』 ロバート・グレンビル∥著 片山美佳子∥訳 日経ナショナルジオグラフィック社日経BPマーケティング(発売)
●『2100年の世界地図 アフラシアの時代』 峯陽一∥著 岩波書店
●『超ヒマ社会をつくる』 中村伊知哉∥著 ヨシモトブックスワニブックス(発売)
●『図解証拠は語る!"真実"へ導く!科学捜査』 山崎昭∥監修 日本文芸社
●『日本の地方議会 都市のジレンマ、消滅危機の町村』 辻陽∥著 中央公論新社
●『13歳からの日本外交 それって、関係あるの!?』 孫崎享∥著 かもがわ出版
●『経済学なんて教科書だけでわかるか!ボケ!!…でも本当は知りたいかも。』  さくら剛∥著 ダイヤモンド社
●『20字に削ぎ落とせワンビッグメッセージで相手を動かす』  リップシャッツ信元夏代∥著 朝日新聞出版
●『「一見、いい人」が一番ヤバイ』 下園壮太∥著 PHP研究所
●『生きのびるマンション〈二つの老い〉をこえて』 山岡淳一郎∥著 岩波書店
●『あなたは何で食べてますか?偶然を仕事にする方法』  有北雅彦∥著 太郎次郎社エディタス
●『外国人労働者・移民・難民ってだれのこと?』 内藤正典∥著 集英社
●『5分でわかる10年後の自分2030年のハローワーク』 図子慧∥著 KADOKAWA
●『まんがでわかるヒトは「いじめ」をやめられない』 中野信子∥監修 かんようこ∥作画 サイドランチ∥編集協力 小学館
●『平和のバトン 広島の高校生たちが描いた8月6日の記憶』 弓狩匡純∥著 くもん出版
●『介護職がいなくなるケアの現場で何が起きているのか』 結城康博∥著 岩波書店
●『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』 ブレイディみかこ著 新潮社
●『大学進学のための"返さなくてよい"奨学金ガイド』  給付型奨学金研究会∥編 産学社
●『「ハッピーな部活」のつくり方』 中澤篤史∥著 内田良∥著 岩波書店
●『平成日本の音楽の教科書』 大谷能生∥著 新曜社
●『獣医学部 中高生のための学部選びガイド』 斉藤智∥著 ぺりかん社
●『「文系?」「理系?」に迷ったら読む本 AI時代の進路の選び方』 竹内薫∥著 PHP研究所
●『勉強法THEBESTプロが厳選!最強ノウハウ100』 安河内哲也∥著 あさ出版
●『独ソ戦 絶滅戦争の惨禍』 大木毅∥著 岩波書店
●『戦略的思考とは何か 改版』 岡崎久彦∥著 中央公論新社
●『ビッグ・クエスチョン〈人類の難問〉に答えよう』 スティーヴン・ホーキング∥著 青木薫∥訳 NHK出版
●『南極ではたらく かあちゃん、調理隊員になる』  渡貫淳子∥著 平凡社
●『数学にとって証明とはなにか ピタゴラスの定理からイプシロン・デルタ論法まで』 瀬山士郎∥著 講談社
●『プリンシピア第3編 自然哲学の数学的原理』 アイザック・ニュートン∥著 中野猿人∥訳・注 講談社
●『我々は生命を創れるのか 合成生物学が生みだしつつあるもの』 藤崎慎吾∥著 講談社
●『家のネコと野生のネコ』 澤井聖一∥本文・写真解説 近藤雄生∥野生のネコ本文 エクスナレッジ
●『毒物ずかん キュートであぶない毒キャラの世界へ』 くられ∥文・監修 姫川たけお∥絵・まんが 化学同人
●『ごみ育 日本一楽しいごみ分別本』 滝沢秀一∥著 太田出版
●『ゴミ清掃員の日常』 滝沢秀一∥原作・構成 滝沢友紀∥まんが 講談社
●『みな、やっとの思いで坂をのぼる水俣病患者相談のいま』 永野三智∥著 ころから
●『海洋プラスチック汚染 「プラなし」博士、ごみを語る』 中嶋亮太∥著 岩波書店
●『月はすごい 資源・開発・移住』 佐伯和人∥著 中央公論新社
●『マンガでわかる無理をしない介護もしもの時に必ず役立つ「はじめての家族介護」基本・知識・実践法』  福辺節子∥著 代居真知子∥著 平田美咲∥絵 誠文堂新光社
●『こうしておれは父になる〈のか〉〉  本人∥著 イースト・プレス
●『世界遺産 理想と現実のはざまで』 中村俊介∥著 岩波書店
●『チックタック約束の時計台Tick-Tock』 にしのあきひろ∥著 幻冬舎
●『ONEPIECE巻10089 STAMPEDE』 尾田栄一郎∥著 集英社
●『オリンピックは平和の祭典』 舛本直文∥著 大修館書店
●『〈ビジュアル入門〉ラグビーがわかる本』 DK社∥編著 髙橋功一∥訳 東京書籍
●『人生でいちばん大事な伝わる話し方 11のメソッドオールユーニード イズトーク!』 セレステ・ヘッドリー∥著 宮垣明子∥訳 双葉社
●『漢検過去問題集2級2019年度版』(5冊) 日本漢字能力検定協会∥編 日本漢字能力検定協会
●漢検過去問題集準2級2019年度版(5冊) 日本漢字能力検定協会∥編 日本漢字能力検定協会
●『漢検過去問題集3級2019年度版』(5冊) 日本漢字能力検定協会∥編 日本漢字能力検定協会
●『故事成語キャラクター図鑑 見てわかる・おぼえる・使える!』 深谷圭助∥監修 いとうみつる∥イラスト 日本図書センター
●『GTEC総合対策ガイドブック4技能を伸ばす勉強法が身につく!』(3冊) アルク文教教材編集部∥編集 アルク
●『GTEC過去問題集Basic4技能を伸ばし大学受験突破!』(3冊) アルク文教教材編集部∥編集 アルク
●『GTECBasicをひとつひとつわかりやすく。』 学研プラス
●『短篇小説講義 増補版』 筒井康隆∥著 岩波書店
●『日本近代文学入門 12人の文豪と名作の真実』 堀啓子∥著 中央公論新社
●『死にがいを求めて生きているの』 朝井リョウ∥著 中央公論新社
●『行きたくない』 阿川せんり∥著 奥田亜希子∥著 加藤シゲアキ∥著 小嶋陽太郎∥著 住野よる∥著 渡辺優∥著 KADOKAWA
●『町田くんの世界 映画ノベライズ』 安藤ゆき∥原作 片岡翔∥脚本 石井裕也∥脚本 後白河安寿∥著 集英社
●『銀行支店長 新装版』 江波戸哲夫∥著 講談社
●『夏の騎士』 百田尚樹∥著 新潮社
●『スガリさんの感想文はいつだって斜め上』 平田駒∥著 河出書房新社
●『コイコワレ』 乾ルカ∥著 中央公論新社
●『ガラスの城壁』 神永学∥著 文藝春秋
●『夏物語』  川上未映子∥著 文藝春秋
●『図書室』 岸政彦∥著 新潮社
●『いるいないみらい』 窪美澄∥著 KADOKAWA
●『古事記神代篇 口語訳』 三浦佑之∥訳・注釈 文藝春秋
●『古事記人代篇 口語訳』 三浦佑之∥訳・注釈 文藝春秋
●『ヴェールドマン仮説』 西尾維新∥著 講談社
●『夢十夜 乙女の本棚』 夏目漱石∥著 しきみ∥絵 立東舎 リットーミュージック(発売)
●『あとは切手を、一枚貼るだけ』  小川洋子∥著 堀江敏幸∥著 中央公論新社
●『催眠ガール』 大嶋信頼∥著 清流出版
●『小説 聲の形』(上・下) 大今良時∥原作・絵 倉橋燿子∥文 講談社
●『営繕かるかや怪異譚その2』 小野不由美∥著 KADOKAWA
●『うちの執事が言うことには』 高里椎奈∥著 KADOKAWA
●『ブスの自信の持ち方』 山崎ナオコーラ∥著 誠文堂新光社
●『余命3年社長の夢「見えない橋」から「見える橋」へ』 小澤輝真∥著 あさ出版
●『変化球男子』 M・G・ヘネシー∥作 杉田七重∥訳 鈴木出版
●『レ・ミゼラブル ああ無情』 ビクトル・ユゴー∥作 大久保昭男∥訳 ポプラ社

第101回全国高等学校野球選手権熊本大会準々決勝

7月20日(土)に、藤崎台県営野球場におきまして第101回全国高等学校野球選手権熊本大会準々決勝が行われました。
試合は、1回表に先制するものの、逆転をされ敗退いたしました。応援に駆けつけていただいた吹奏楽部、チアリーディング部、関係者の皆様、多大なるご声援ありがとうございました。
         

コラム816

初めて教師として教壇に立って、今年度が16年目です。
生徒達がまだまだ幼かった頃に、当時の高校生が知財学習で考えていた未来の発明を思い出してみました。

そこには、電子黒板や電子教科書がありました。今年度からタブレットPCを授業に取り入れ、夢物語であった当時の発想がまさに現実となっています。
技術の進歩の速さに驚きを隠せません。

この速さの進歩では、もしかしたら行きたい場所に一瞬で移動出来る不思議なドアも近い将来実現出来るかもしれません。
様々な夢を描き、その夢に向かって努力を続ける高校3年間にしてもらいたいです。
(内田 成紀)