学校紹介
校旗
 創立者松前重義博士は、思想家内村鑑三の影響から「愛と正義」を自らの信条とし、学園の校旗の十字に象徴化しました。そして、「校旗の十字の白線は、横が太陽の如く大地にあまねく愛、縦は天地を貫く稲妻のような正義を表す。愛と正義の交わるところに真理がある。」と述べています。

 校旗の地色は学園の教育機関の幼・小・中・高・短大・大学・大学院の七段階に対応して、それぞれ赤・橙・黄・緑・青・藍・紫の七色に分けられています。これは虹の七色を意味しています。七色の光が渾然(こんぜん)と融合して太陽の白光となり、それが地上に降り注ぐとき、万物は生育するのです。それに象徴されるように、七種の学校群が一体となった教育を行うことによって一人ひとりの中に豊かな生命が育まれるように、という願いがこめられているのです。したがって、本校の校旗も緑(写真右側)の地色にそれぞれ白色で十字が描かれています。

校旗・校章

校旗授与
2012年3月13日(火) 校旗授与 総長室にて



校章
「太平洋の波とかもめの翼」

 校章には波と翼がデザインされています。校名の「東海」である太平洋と、学園のシンボルかもめをあしらったものです。洋洋とした太平洋のように大きく豊かな心を持って、空高くから見渡し、ゆったりと大きく翼を広げて飛翔するかもめは、“平和”を象徴しています。

エンブレム
エンブレム
 中央のアームズ(盾)は分割図形の中の4分方式(クォータリー)を採用しています。

 4分割の由来は創立者 松前重義博士の望星学塾で掲げた4つの言葉(建学の精神を参照)を基本にしています。 それぞれ(クォーター)には、(上左)Tウェーブ(シンボルマーク)、(上右)大学・教育機関を示す本、(下左)正義・物質と精神の調和・科学などの象徴である天秤、(下右)東海大学の校旗を表記しました。

 そしてこれらを、ゲッケイジュ(月桂樹)で取り囲んでいます。ゲッケイジュはギリシャ神話のアポロンとダフネの物語に由来し、ギリシャやローマ時代から神聖視された樹木の一つで、勝利と栄光のシンボルとして勝者や優秀な者達の頭にかぶせました。