学校紹介
本校の特色
東海大学との一貫教育
 本校は広域総合大学として社会的評価の高い東海大学の付属高校です。全国各地に配置されている付属高校の一つとして、「高大7年間の一貫教育」を通じ、より豊かな人間性と創造性を育て、社会に多くの人材を送り出しています。
 東海大学は九州から北海道まで広がる4年制大学で、学部数は19学部、大学院を擁します。キャンパスは都道県8キャンパスで、熊本(阿蘇・熊本)、静岡(清水)、神奈川(湘南・伊勢原)、東京(代々木・高輪)、北海道(札幌)にあります。全国にキャンパスがあるため地元や全国での就職も強力に支援されます。
 他に3つの短大(静岡・神奈川・ハワイ)を擁し、国内外に数多くの教育支援施設と教育機関(幼稚園・小学校・中学校・高校)を持っています。
東海大学関係への付属推薦入学制度
 本校生徒は、学校長の推薦により、東海大学・東海大学短期大学部(静岡)・東海大学医療技術短期大学、ハワイ東海インターナショナルカレッジ(アメリカ法人・東海大学やアメリカの大学へ転入可能)へ進学できます。
 すなわち、大学(19学部75学科)・3短期大学の中から幅広く進路を選択することができます。東海大学関係への付属推薦による進学率は、毎年50%以上です。(2017年4月現在)
付属高校としての交流と多彩な行事
 本校では、大学との連携による全付属高校共通の学園行事や研修が数多く行われます。中でも「学園オリンピック」は、国語・数学・英語・理科・芸術(造形・音楽)・スポーツ・知的財産・ディベートの9部門で実施され、多数の生徒が参加します。
 海外研修では、ハワイ東海インターナショナルカレッジでのSHIP・FESTやクリスマス時期に行われるヨーロッパ研修などを実施しています。
 この他にも、多彩な学園行事があり、本校生徒はこのような付属高校としての特色や利点を最大限に生かして、有意義な学園生活を送ることができます。
進路や個性に応じた普通科に2つのクラス
 大学の付属高校である本校では、受験勉強のみに追われることなく、部活動や研修などのびのびと充実した高校生活を送ることができます。
 生徒の個性や適性、あるいは得意の教科や特技などを十分に生かし、これからの時代に応える生徒を育てるために普通科に総合進学、特進の2つクラスを設け、特色ある教育を用意しています。
特色ある教育
 未来を拓く意欲や自信が身につく東海大学独自の「高校現代文明論」をはじめ、大学との連携、教科間連携など、ここにしかない特別な授業も魅力です。
詳細
独自のカリキュラム~現代文明論~
 本校では、一貫教育の柱として「高校現代文明論」を付属高校のすべての教育活動の中心に置いています。本学の建学の精神を体得するとともに、「人生にとって大切なものは何か」「我々はいかに生きるべきか」を生徒自身が考え、しっかりとしたものの見方や考え方を養い、確固たる人生観を育むことを最大のねらいとしています。なお、すべての教科にまたがる総合科目として全学年で週1時間の授業が行われます。
週6日制度
 勤勉さは健康的で規則正しい生活によって身につきます。土曜日の活用で、授業時間の確保と学習習慣の確立による学力の向上を目指します。また、放課後の時間にも余裕が生まれ、部活動など充実した学校生活を満喫することができます。東海大学につながる学園の付属高校はすべて週6日制度を取り入れています。

学園オリンピックについてはこちら

連携授業についてはこちら