星翔後援会

2017年10月吉日

 

「星翔後援会」発足にあたって

 

星翔後援会 会長
山下 剛

この度「星翔後援会」の二代目会長に選任されました第21期卒業生の山下 剛(やました つよし)と申します。宜しくお願い致します。
東海大学付属熊本星翔高等学校は、現在全校生徒1500名有余であり、熊本の地において向学心に燃える子供達の受け皿となり、教育の場としての規模、内容において県下に於ける私学の雄としての確固たる地位を築いて来ております。
前身の東海第二高等学校の創立以来半世紀以上の歴史を刻み、この間26,000名を超える卒業生を送り出し、社会のあらゆる分野における東海健児の活躍は見覚ましいものがあり、卒業生の一人として大いに誇りとするところです。
このように社会の一翼を担う有為な人材の輩出は、学校生活における充実した活動によってもたらされるものと考えますが、学園方針の両輪である学習と部活動の両立すなわち「文武両道」の実現を目指す中、その一方の柱である部活動は成績向上に地道に努力する姿勢を培うとともに、ルールを守り相手を尊重し礼儀を重んじる、いわゆるフェアプレー精神を養うことによる人間形成の場として重要なものと言えます。
「星翔後援会」としては、これまでも運動部・文化部に対し全面的な支援を行う事により部活動を通じて生徒の成長を願い、技術や精神面の向上に期待しつつ、各分野において生徒たちがその能力を最大に発揮し勇躍する為には、充実した部活動に専念出来る環境を整える事こそ重要であるとの認識に立ち、会場提供、技能レベルの向上、経済的な負担軽減等の支援に向け取り組んでおり、これからも全力を上げて支援して参る所存で御座います。
どうか、卒業生を初めとして熊本星翔高校を応援して頂く方々のより一層の力強いご支援を賜りますようお願い申し上げます。

山下 剛

  • seisho日記
  • 星翔の輝き
  • オープンキャンパス
  • 建学の歌・校歌
  • 東海大学新聞
  • 建学75周年